ギャンブル・投機・投資・資産運用の違い

一攫千金憧れます

ギャンブル、投機、投資、資産運用、、、、混同して使われる事も多く、人によって定義の違いはあると思いますが、割と納得する説明に至りましたので、まとめてみたいと思います。

”ギャンブル”とその他を分けるもの

投資はギャンブルだという人はいますし、私も昔はそう思っていました。今では違いますがこの先投資を続けるうちに大暴落が起きて、やっぱり投資とか言ってもギャンブルと同じでした ゚(゚´Д`゚)゚。 というオチもあるかも知れません。

さて、ギャンブルとその他(投機、投資、資産運用)を分けるものは期待値がマイナスであるという事かと思います。

ご存知の方も多いかと思いますが、ギャンブルはその運営元が営業を継続できるように掛け金から一定額を差し引いた後で払い戻しを実施します。例えば代表的なギャンブルの還元率は、、、、、、

  • パチンコ: 約85%
  • 競馬:   約75%
  • 宝くじ:  50%以下

宝くじをギャンブルと呼ばれるのには抵抗がある方もいるかと思いますが、還元率からすると一番割の悪いギャンブルです。

期待値が大きくマイナスですので、続ければ続ける程100%-還元率の分だけ損をしていき、いずれは全て無くなります。

レバレッジを利用して大きく儲ける”投機”

期待値は0付近で、基本的にはどちらへ動くか分からないものに資金を投じる行為は投機と言えるかと思います。

また高いレバレッジが効く事も投機のイメージと重なります。ギャンブルに近いですが、少なくとも期待値がマイナスで無いという所が違いかと思います。

代表的なものはFXでしょう。為替の予測は短期・長期とも非常に困難ではっきり言ってどちらへ行くのか予想するのは不可能です(世の中にはジョージ・ソロスのように為替取引で財を成した人もいますが)。

一方レバレッジを利用して短期間で大きく資金を増やせる可能性があるのもFXです。

今は25倍程度が最大のレバレッジですが、FXが解禁になった頃は100倍のレバレッジが可能だったかと記憶しています。

1万円で100万円の為替購入ができるのですから資金効率は相当高いですが、為替が期待と逆に振れた場合1%動いただけで試合終了となります。

FXはゼロサムゲームと言われ、誰かが利益を出すと誰かの損失となっている、食うか・食われるかの世界です。

積極的に利益を追求する”投資”

期待値がプラス(少なくとも数%)のものを対象に予想や分析を通じて積極的な利益を追求する場合、投資と呼ぶのが適切な感じがします。

代表例はもちろん株式投資ですね。株式会社は基本的に利益を追求するものですから、期待値はプラスであって然るべきです。実際株式市場全体平均としては、期待値は5%~7%と言われています。

戦略として、短期であればタイミングや業績状況をチェックして売り買いを繰り返しキャピタルゲインを積み上げていく、長期であれば今は小さな企業の遠い将来の成長性を見抜いて株式を購入しておく、などがあります。

業績チェックやチャートの知識、それなり勉強と日々の研究を通じて大きな果実を得るという、一定の努力が伴うイメージもあるかと思います。

守りを重視する”資産運用”

期待値がプラスのものを対象とするのは投資と同じですが、ある程度の資産規模を構築した時、資産を減らさないという安全面に重きを置いた手法で投資を行う場合、資産運用と呼んだ方がしっくりきます。

逆に言えばある程度の資産を持っている人が行うもので、利益を追求しつつもリスクを取りすぎない様にコントロールされているイメージです。

代表的なものは、私の行っているETF(あるいはインデックスファンド)を中心とした分散投資でしょうか。資産の規模は人それぞれかと思いますが、僕と同じサラリーマンであれば1000万円を超えたあたりから意識しても良いかと思います。

1000万円超なら、例えば期待値通り年率7%の利益がでれば年70万円、月々5万円強のお小遣いです。あるいはそのまま複利で運用すれば、10年経過でほぼ倍の2000万円となります(72を利回りで割算すると倍増までの年数が出ます)。

つまりある程度の規模で資産があれば、あまり無理をしなくても結構な利益が出るという事です。まあ、その一定の資産を作るのに結構時間かかりますけどね。

不動産投資はどこに入るの?

投資と付いているので投資で良いと思いますし、説明した定義と大体合うとも思いますが、物件探し、契約締結、銀行からの借り入れ、入居者募集、家賃集金、修繕計画、などなど投資と言うには結構な労力です。

不動産投資は、投資というより事業であるという人もいますし、僕は不動産投資は不労所得という感じがしません。

※ここで言う不動産投資は、現物不動産投資の事です。

僕もリートへは積極的に投資してますが、リートの運用ははどちらかと言うと株式に近いので、話は若干変わります。

まとめ

いかがでしょうか。

ぜんぜんピンとこないという方もいるかと思いますし、そんな区別必要?というご意見もあると思います。

これまで自分で考えるにすっきりしなかったのですが、最近ふと考えがまとまり、自分の行っているのは投資というよりは資産運用だなと思い、改めて定義してみた次第です。

勝手な定義ですが、自分がどの行為を行っているのかということを把握するのは大事なことで、理解した上でギャンブルを楽しんだり、投機に挑んで見る事を否定する意図はありません。

実際、私もパチンコは一時ハマりましたし、FXも挑戦した事があります。結果(自分は)上手く行かなかったので、今の形に落ち着いているという事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です