生命保険は年金受給の権利が確定したら、解約する事を検討しよう

人生何があるかわかりませんが

僕は以前生命保険を解約してから、現在も加入していません。

当然何かあった場合には若干困りますが、僕にもしもの事があっても家族が路頭に迷わない算段ができたので、思い切って解約としています。

生命保険をやめた理由

生命保険を解約した理由は以下の通りです。

  1. 掛けていた保険の保障内容は公的年金でも同等にカバーされる
  2. 住宅ローンは済んでいて持ち家は確保されている
  3. 金融資産がある程度の規模になったので何かあっても当面は家族が路頭に迷う事はなさそう

生命保険では通常死亡か高度障害になった場合に保険がおりる(一括数千万円とか月15万円を○十年間とか)なのですが、僕の加入年数から計算すると、公的年金がほぼ同等の機能を果たしてくれます(月々支給の保険金と同じ感じ)。

もし僕が死亡した場合は遺族年金が支給され、高度障害になった場合には障害年金という形で支払いがされます(因みにそのまま健康で生きていれば65歳から老齢年金という形で支払われる)。

公的年金(自分の場合厚生年金)は老後の生活を支えるという主な役割もありますが、年金保険というくらいで加入期間中に何かあった場合に保障する機能も充実しているのです。。

厚生年金については、毎月結構な額を天引されるので軽く憤っていたのですが、よく考えたら超大型保険を社会人スタートからかけ続けていたという事ですね。

これに加えて持ち家でローンが済んでいるので家賃の支払いが無く、今ある資産を考えると僕が働けなくなって(あるいは居なくなって)も残された家族は何とかなると思った次第です。

加入していた保険

これまで加入していた保険は、「変額保険」に「収入保障特約」をつけたもので、月額2万円程度のものです。

上に書いた公的年金でカバーされるというのは「収入保障特約」の部分ですが、「変額保険」加入が前提の付加オプションの設定になっていました。

変額保険は、貯蓄型保険の一種ですが、貯蓄する部分を運用に回し、より高い利回りを狙うもので、保険を賭けつつ、貯蓄もできて、運用の成否によってはさらに資産を増やす事ができるという玉虫色の保険となっています。

加入した当時は、下の子が生まれたので学資保険に入ろうという事で、長男の時にお願いした保険屋さんに来てもらったのですが、やはりプロですね、いろいろな説明を受けるうちにすっかりその気になって、気が付けば家族全員分の変額保険入っていました\(//∇//)\

しかしその後、他の保険も併せて月々10万円近い額がかかっている事にハタと気が付き、何か間違っている感じがして色々と調べてみました。

結果、そもそも保険に入り過ぎている事と、自分が資産運用に適していると感じた変額保険はあまり良い商品ではない(運用商品としては)という事を理解しました。

変額保険の問題点

まず、変額保険というのは保険料としての経費がひかれた分の残りが運用に回されるため、特に最初のうちは返戻率(へんれいきん:解約した時の戻ってくるお金の率)が非常に低く、相当な年数が経過しないと掛け金を上回ってのリターンが得られません。

ただし、保険なので死亡時にはかならず掛け金よりも大きな額が支払われる事になります。人は必ず死にますから、最終的には損は無い形になっています。

もちろんその部分は嘘でも間違いでも無いのですが、例えば自分がこの先普通に平均寿命まで生きた後死亡した場合、当然保険金がもらえますが、利回りで計算してみると1%ちょっとくらいのものです。

片や、運用でうまくいけば掛け金を上回ってくるという事だったのですが、開始当初は保険料に多く割かれる為あまり増えません

また、資産配分は自分で決められるのですが、株式の比率を50%を超えて設定できない事になっていました。この部分は説明があったのかもしれませんが、記憶にはありませんでした(あまりリスクを取り過ぎないようにする措置だとは理解しています)。

あと、どの部分が保険料として使われていて、運用部分がどのくらいか分からないので、運用の成績をみせてもらってもどの程度うまく(まずく)行っているのかが分からず運用管理が事実上不可能という状況でした。

生命保険は掛け捨てが基本

という事で、収入特約は公的年金でカバーでき、変額保険はあまり良くない事が判明したので、全てやめてしまいました。家族がいて子供もまだ幼い中、少しドキドキしますが、一応計算上は成り立っているはずです。

因みにガン保険の方も実はやめようかと検討しています。こちらは、何かあった場合健康保険でカバーされる範囲が結構多いという事を最近知ったためです。年金もそうですがこちらも額としてはかなり大きな保険ですから保障が厚くても当然かも知れません。これから検討したいと思っています。

さて、私は条件が揃ったので生命保険自体を辞めてしまいましたが、家族(特にお子さん)がいて貯蓄(資産)があまり無いという方は必要かと思います。

その場合、生命保険は掛け捨ての定期死亡保険というヤツにして、運用は運用で分けるというのがどうも基本の様です(改めて勉強してみるとそういったアドバイスは本やWEBと至る所にありました)

逆に独身だったり夫婦だけで奥さんが職を持っていたりする場合は基本いらないのかな、と感じます。これから保険を検討する方は正しい判断をして頂けたらと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です