僕のポイ活はJALカード基本にJMB WAONとdカードゴールド

(出展)JALカードホームページ

皆さんポイント活動(ポイ活)はやってますか?最近流行っているみたいで、陸マイラーと呼ばれる人達は飛行機にも乗らないのにマイルを貯めまくっていたりするそうです。あるいは、モッピーなどに代表されるポイントサイト経由でポイントを稼ぎまくり、何百万とポイントを集めているツワモノもいる様です。

僕はそこまでポイントマスターではありませんが、無理の無い範囲で積極的に行う様にはしています。ある程度仕組みを作れば自然と溜まっているのもですから、やらない手は無いと思います。

まずはJALカードが基本

JALカードは、JALが発行しているクレジットカードでJALマイレージクラブカードを兼ねています。飛行機に搭乗した場合は当然マイルが付与されますが、その他にもクレジットカードとして買い物をすると200円で1マイル付与されます。

この搭乗マイルとショッピングマイルを積算したもので、JALの飛行機の搭乗券に変えたり、他社ポイントに換えてポイントで買い物をしたりする事が可能となります。

我が家では、このJALカードに引き落としを集約しており、例えば、電気料金、ガス料金、上下水道料金、ETC料金、NHK料金、携帯電話料金、などなど、クレジットカードで引き落としができるものは全て登録しています。

もちろん買い物でクレジットカードを使う場合は、このJALカードを利用しますし、家族カードを追加しているので、妻が買い物する場合も家族カードを利用します。引き落とし口座は僕の給与口座になっていますので、管理不要で毎月勝手に引き落とされていきます(もちろん給与を超えない前提)。

さらに、僕の場合はJAL普通カードにショッピングマイル・プレミアムをオプションで付けており、マイルが100円で1マイルと付与が二倍になっています。さらにさらに、JALカードには特約店というものがあり、ある特定のお店(例えば、我が家がよく使うイオン)での買い物はマイルが二倍になります(100円で2マイル)。

そんなこんなで最大限のマイルが付く様にカードを選択し、引き落とし・買い物を集約する事で、我が家の年間獲得マイルの積算は数万マイルになります。飛行機に搭乗するなら、国内どこでも家族4人で行けてしまいますし、買い物にポイントとして利用する場合でも数万円の買い物ができます。

参考までに僕の持っているJALカードの年会費(総額)は以下の通りです。

  • 普通カード: 2,160円
  • 家族カード(妻用): 1,080円
  • ショッピングマイル・プレミアム: 3,240円

計: 6,480円

  • ショッピンマイル・プレミアムを付けるかどうかは、年間いくらカードで消費するかですが、僕と同じ構成だとしたら年額50万円も使えばプレミアム代を超えますので、普通つけるかと思います。
  • 因みに以前はJALカードGOLDを利用していましたが、あまり年会費分のメリットを感じず、今は普通のJALカードです。

WAONは必ずJALカードでチャージ

我が家は食材などの買い物はイオンを主に使っています。この買い物にはJMB WAONカードというものを利用しています。JMBは”JAL Mileage Bank”の略で、通常WAONはWAONポイントを貰えますが、代わりにJALマイルを獲得する事ができます(イオンとJALが提携しているのですね)。

WAON電子マネーの機能が付いているので、チャージが必要なのですが、このチャージに先程説明したJALカードを使います。JMB WAONカードにJALカードでチャージを行うと、ショッピングマイルとして100円で1マイルが付与されます(残念ながら特約店の二倍の扱いにはなりません)。

そしてチャージしたJMB WAONを使ってイオンで買い物をすると、200円に1マイル(100円で0.5マイルの換算)が付与されます。チャージ時には100円で1マイル付与ですから、合計すると100円で1.5マイルの付与となります。チャージと実際の買い物で二重にマイルを獲得している訳ですね。

さて、頭の回転が早い方は気付かれたかも知れませんが、先ほど言った通り、イオンはJALカード特約店ですから「イオンでの買い物はJALカードをそのまま使った方が100円で2マイル獲得なんだから、そっちがお得じゃん」という指摘がありそうです。実はそれ正しくて、その指摘をする方はかなりなマイラーかと思います。

我が家がこの形で買い物をする理由は、僕がイオンオーナーズカードを持っているからです。イオンオーナーズカードはイオンの株主優待で貰えますが、持っているとイオンでの買い物が3%キャッシュバックになるというものです(100株保有の場合)。

このオーナーズカードの特典を得るためには現金かイオン系のカード(イオンカード、WAONカードなど)で支払いをする必要があり、JALカードを直接使ってしまうと3%の特典を失ってしまうのです。

さて、オーナーズカード利用、JALカードでチャージ、JMB WAON支払い、という組み合わせをすれば、3%+1%+0.5%の合計4.5%割引(※)で常にイオンで買い物が可能となります。さらに毎月20日、30日のお客様感謝デーに行けば、これに加えて5%オフが得られるので、ほとんど10%近いディスカウントが達成できます。

※1マイルを1円としてショッピングで使用した場合

最近持ったdカードゴールド

家計用のカードはJALカードにすべて集約していますが、僕個人が消費する分(ゴルフとか飲み会とか)は別にdカードゴールドを持っています。最近持つようになったのですが、なかなか楽しくポイ活させてもらってます。

別カードを持つ理由は、僕個人が消費する分がどれくらいであるか把握し易くする為です。もちろん家族でお財布は一緒ですから、家計用JALカードを利用して明細から別に集計しても良いのですが、ちょっと面倒です。特に僕はマネーフォワードを利用して家計管理をしているので、カードを分けておけば最初からグループを分けて自動計算できます。

dカードには普通カードとdカードゴールドがあるのですが、dカードゴールドには年会費が1万円程かかってしまいます。ただし、dカードゴールドであれば、ドコモ携帯の利用料金が10倍のポイント付与されますので、ドコモ回線の我が家では年会費がチャラになります。

dカードゴールドでのポイ活ですが、まず100円で1ポイント(dポイント)付きます。クレジットカードとして使った場合はもちろん、IDという電子マネー機能も付いているので、そちらも使えます(IDはクレジット連動なのでチャージも要りません)。

また、特約店として、ポイントが増えるお店があります。例えばエネオスでガソリンを入れると通常のポイントに加えて100円=1ポイント、マツモトキヨシに至っては追加100円=2ポイント、つまり二倍、三倍のポイントがもらえるという訳です。

その他特典としては、ローソン、ノジマで買い物をすると3%オフになります。僕の場合、ここが一番のポイ活の場所となりますが、コンビニで買い物をする時になるべくローソンを探して使います。ポイントの状況はアプリからすぐに見えるのでなかなか楽しいです。

dカードを持ってみて一番メリットを感じているのは、ポイントもそうですが、かなりキャッシュレス生活になった事です。お財布の現金が減らないので、ATMに行く頻度が減りましたし、小銭で財布が膨れる事もなくなりました。

また、dカードも当然マネーフォワードに登録していますので、細かい消費(コンビニなど)もキチンと家計管理できるようになりました。これは想像していた以上に気分が良いもので、運用生活のレベルが一段上がったと感じます。

飛行機乗らなくてもJALカードをメインにする理由

JALカードに集約してせっせとマイルを貯めているのですが、実は飛行機の搭乗券に換える事はあまりありません。やはりハイシーズンの特典搭乗券は取り辛く、なかなか行きたい場所とも合わなかったりする為です。

それでもJALカードでまずはマイルを貯める理由は、その還元率にあります。JALマイルの使い方は、特典搭乗券(JALの飛行機チケット)に換える方法と他社のポイントに変換して使う方法があります。

この特典搭乗券がかなりお得で、例えば15,000マイルで沖縄(往復)行けたりしますので、ざっくり1マイル3円くらいの価値はありそうです。通常100円で1マイルですから100円で3円と考えると3%還元率となります。巷のポイントカードは1%還元がいいところですから、かなり高い還元率と言えます。

一方、飛行機に乗る機会が無くて失効しそうになった場合、他社ポイントに変換してポイントで買い物をする事ができます。我が家の場合では、JALマイルを先ほどのJMB WAONか、dポイントに変換しています。どちらも1マイル1ポイントで等価交換になっていますので、JALカードを経由した事による損失はありません

と、言った事で今のJALカード+JMB WAON+dカードゴールドが最適と考えています。とにかくJALマイルをまずは貯めて、特典搭乗券に換える事を考える、もしダメならポイントに変換してポイントで買い物に使う、という事でうまく回っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です