イオン株(8267)保有で食費を最大10%減らす方法

(出展)イオンホームページ

基本インデックス投資で資産運用を行なっている僕ですが、個別株も少し持っています。その一つがイオン(8267)です。この銘柄は、2015年の初頭に取得して4年が経過していますが、元々は、株主優待であるオーナーズカードを取得する為でした。

個別株の話ですが、あえて「節約のヒント」カテゴリに入れてみました。それは僕がこの株を保有している理由がまさにそこにあるからです。

イオン株(8267)について

イオンという会社についての説明はいらないと思いますが、日本一の総合スーパーです。以下は2019年3月29日時点の指標です。

  • 株価: 2316.5円
  • 売買単位: 100株(最低購入価格23万1650円)
  • 総売上(2018年2月決算): 8兆3900億円
  • 予想PER: 55.69倍
  • 配当利回り: 1.47%

指標からすると今はちょっと買いづらい感じですね。

ここ一年のチャートです。

イオン一年チャート(出展)Yahoo! Japan

株主優待のイオンオーナーズカード

イオンの株式を保有していると株主優待として、イオンオーナーズカードが送付されてきます。カードは二枚送られてきて、一枚は株主用、もう一枚は家族カードとなっています。我が家では妻と僕で一枚ずつ持っておいてイオンで買い物をする時に提示する様にしています。

イオンオーナーズカード

このカードを持っていると、イオンで買い物をした時に保有数に応じて割引があるのですが、僕は100株持っているので、買い物の3%をキャッシュバックしてくれます。キャッシュバックは、10月と4月に「オーナーズカードご利用明細書」と「株主ご優待返金引換証」が送られてくるので、「株主ご優待返金引換証」とオーナーズカードを店舗のサービスカウンター(もしくは指定の返金取扱いレジ)に持っていくと現金で返金してもらえます。

※店舗での返金取扱期間、引換証には有効期限があるので注意

因みに以下の通り保有数によってキャッシュバックの率は増えますが、計算上100株が一番お得です。優待目的だけなら、何も考えず100株保有としましょう。

(引用)イオンホームページ

ところで、世の中の株主優待は最低保有数が一番お得という傾向がありますね。多くの株数を持つ株主により多くの還元をするような形が正しい気もしますが、そうすると費用負担が増大し過ぎるののかも知れませんね。

最大10%割引を得る方法

具体的な10%割引を得る方法ですが、以下の通りです。( )内はそれぞれの割引(還元)率と割引の種類です。

  • 毎月20日、30日のお客様感謝デーにイオンに行く(5%オフ)
  • ポイント還元率1%のクレジットカードでWAONカードをチャージする(1%ポイント)
  • 買い物時にイオンオーナーズカードを提示する(3%キャッシュバック)
  • WAONカードで買い物をする(0.5%ポイント)

これで、9.5%ですが、最後の0.5%は配当が入る分で超えるでしょうという感じです。

クレジットカードとWAONカードは条件を満たせば、種類は何でも良いですが、僕はJALカードJMB WAONカード、という組み合わせで全てマイルで取得しています(WAONポイントではもらわない)。

注意点としては、イオンカード以外のクレジットカードで買い物の支払いをしてしまうと、オーナーズカード(3%オフ)が無効になってしまいます。

また、お客様感謝デー(5%オフ)は現金の支払いに対して割引が無いので、予めWAONカードを用意しておく必要があります。

個別株投資の難しさを再認識

話は少しそれますが、このイオン株保有で感じた事があります。

当時、僕が取得した株価は1,175円でした。100株購入ですから投資額は117,500円です。対して、我が家はイオンでよく買い物をするので、年額2万円くらいキャッシュバックされます。つまり、6年くらい持っていれば元本を取り返す、という事になります(そして、もう半分以上は取り返しました)。

この株を取得した時にはそれだけの目的だった訳で、イオンの業績その他指標は一切気にしませんでした。ところが、大きなおまけが付いてきまして、イオンはその後上昇を続け、今では2316.5円なっています。パフォーマンスで言うと97.15%(約2倍)です。

なんにも考えずに優待だけ狙った株がこれだけパフォーマンスが良いんですから、ちまちまETFなんか買っている場合ではないのでは!?と思ってしまいます。ただ、その時のイオンの指標をまともに検証していたら、きっと購入を控えていた事と思います。当時PERは30倍近いし、イオンのような巨大企業がこれ以上業績を伸ばすのは無理だと感じていたからです。

普段いろいろと頭を悩ませて、度々ポートフォリをいじってきましたが、単に当時全財産をイオンに投入していたら、今はもっとハッピーな状況だったと言う事になります。もちろんこれは”たられば”ですが、何が言いたいかと言うと、やっぱり個別株投資は難しいという事です。

今回は予期せぬ幸運の話ですが、逆に振れた場合は笑えません。世の中、2倍どころか10倍になる株もありますし、300万円から一億円にした、なんて話もよく聞きます。それら一切まったくの本当の事だと思いますが、残念ながら自分には起こらないでしょう。

やっぱりETF・インデックスファンドを買っていた方が平均してハッピーになれると思います。

ただ、僕のイオンのケースの様に割と高い確率で損をしない算段があれば、個別株投資も良いのかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です