dカードゴールドに申し込む前の注意点

dカードゴールド
(dカードホームページから)

携帯電話のキャリアにドコモを使用しているので、dカードゴールドは色々とメリットがあると思い保有していました。ところが、いざ使用してみると想定よりもdポイントがつかず、結論としては解約の方向です。

注意点は以下の通り。

  • 紐付けできる携帯電話回線は”カード一枚”について”一つ”まで
  • 10%ポイント還元は千円単位で付与(端数は切り捨て)
  • 携帯電話端末の分割支払い代金は計算外

dカードゴールド自体は魅力のあるカードですので検討している人もいるかと思いますが、年会費が11,000円(税込)かかりますので、事前によく確認をした方が良いと思います。また、現在保有している人も改めてチェックしてみる必要があるかも知れませんので、是非以下の内容を読んで同じ失敗を避けてもらえばと思います。

dカードゴールドの魅力と僕の想定

dカードゴールドは色々なサービスが付帯しますので、総合的な魅力と言うのもありますが、大抵の人は下記の特典を一番のメリットとして捉えているのではないでしょうか。

ドコモのケータイ利用料の10%がdポイントとして還元されると言うものです。カード年会費が11,000円(税込)ですが、これを越える還元が得られれば、dカードゴールドを実質只で保有できることになります。

僕の想定としては、月の携帯電話料金が10,000円程度あるので、10%のポイント還元があれば、年会費はまかなえそうだな、という事で保有を検討し始めました。

調べてみると、ローソンでの買い物はトータル5%オフになるなど、色々とメリットがある事がわかりました。因みに僕は毎朝ローソンで昼ごはんを買ってからオフィスに入る習慣なので、親和性も良かったのです。

ハマりやすいポイント

僕が間違えた所を含めて気をつけなくてはいけないポイントをまとめます。

紐付けできる携帯電話回線はカード一枚について一つ

dカードゴールドの最大のメリットである、10%ポイント還元ですが、これを利用する為にはカードに携帯電話回線を紐づける必要があります。

通常、夫の主回線に妻の回線は子回線として家族グループを構成しているケースが多いと思いますが、その状態で10%ポイント還元を受けようとした場合、下記のような構成を取る必要があります。

  • 夫回線(090-xxxx-0001など): dカードゴールド(本人)
  • 妻回線(090-xxxx-0002など): dカードゴールド(家族カード)

つまり、上記の例で言うと、二人の回線使用料に10%還元を受けようとすると、妻用の家族カードに加入しないといけない、という事になります。

私は本人カードのみだったので妻の分はポイント還元されていませんでした。店頭で説明を聞いた時には家族グループに入ってれば合算される、と言っていたような気がするのですがね。。。。

家族カードは一枚までは無料なので、家族カードに加入するという手もあります。

10%ポイント還元は千円単位

10%ポイント還元(ワーイ)と喜んでいたのですが、実際、自分のポイント履歴を確認してみると、月に1000ポイント程度はあると思っていた所に200ポイント位しか付いていません。

理由の一つは先に書いた、家族カードに加入しないと妻の分がつかない、という所だったのですが、もう一つの理由は下記の通りです。

おっと、さらっと書いてあるので気が付きにくいですが、1,000円につき100ポイント進呈とあります。これってつまりは1,000円未満は切り捨てますよって事です。通常1%還元が10%還元になるので、ポイント10倍なのかなって思っちゃいますが、ちょっと意味が違うのです。

しかも、計算は回線毎になるので、合算した状態で計算してしまうとこれまた目論見が外れます。

  • 4500円(主回線)+5500円(子回線)=10,000円なので1000ポイントつくかと思いきや、400ポイント+500ポイントで900ポイントにしかならない、という事です。

この切り捨ては毎月発生するので、年額で計算するとハマりますので、その点もご注意です。

携帯電話(端末)の支払いは計算外

この点は、比較的気がついている人が多いと思いますし、僕もこの点は理解していました。一応記載しておきます。

ドコモ回線に支払いには携帯電話端末(スマホとかガラケー)の分割支払いが含まれている場合がありますが(と、いうか含まれているケースが多いですかね)、端末の支払い分は10%ポイント還元の対象に含まれていません。

自分の支払い明細を確認して、端末分割支払いの部分は除いてポイント還元の計算をする必要があります。

自分の場合で再度計算してみたら

改めて自分の計算をしてみると、

  • 僕の回線使用料: 2900円程度
  • 妻の回線使用料: 4100円程度

なので、家族カードを保有したとしても(200ポイント+400ポイント)X 12ヶ月=7200ポイントという事で、カード年会費を賄えるまで至りません。

ポイント以外のサービスを改めて確認してみると

実際カードを年会費3,000円程度で保有していると見なして、ポイント以外のサービスがそれに見合えば継続保有も検討できると考えました。ポインコ(ドコモキャラ)のデザインのカードは可愛いいし気に入ってますので。。。

下記はdカードGOLDのサービス一覧です。dカードとの比較がわかり易かったので、あわせて抜粋しました。

残念ながらどのサービスも今の所利用していません。旅行保険は別に持っているJALカードでカバーされますし、ケータイ補償も利用していません。空港ラウンジの利用ができるのは結構期待感をもっていたのですが、最近飛行機での旅行もとんとご無沙汰です。

解約を決意しました

残念ながら総合的に見てdカードゴールドは解約する事にしました。これから子供達もスマホを利用するようになれば回線使用料は増加しますが、子供用に家族カードを作る事はできないでしょうから、やはり合算は無理です。

こんなブログを書いてポイ活や節約を訴えているのにお恥ずかしい限りです。まあ、今の時点で気がついたので傷は浅かったですが。

それにしてもドコモのサービス条件はうまいラインをついていますね。表面上は凄くお得感が出ていますが、実態としては意外とポイントが付いていないという結果になっています。こういった妙味のあるギリギリのラインを頭の良い人達が試算に試算を重ねて弾き出しているのでしょう。

これから申し込みを検討している人は、ご自分の回線請求明細を確認してよく計算してみて下さい。すでに保有している人はポイント履歴を想定通りの付与になっているか、確認してみる事をお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です